ラーマクリシュナ研究会(謙求会)

​ラーマクリシュナ研究会は、田中嫺玉(かんぎょく)先生がベンガル語から翻訳された聖ラーマクリシュナ晩年の言行録「不滅の言葉(コタムリト)」や、聖ラーマクリシュナの生涯を表した「インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯」などの著作、さらにはラーマクリシュナを深く愛しておられた山尾三省さんが翻訳した「ラーマクリシュナのことば」などを通して、聖ラーマクリシュナの教えを学びながら、至聖(かみ)へと続く道を真剣に歩もうとする人たちの集まりです。謙虚な態度で、至聖を求めて、道を一歩一歩確実に歩んでいくことを理念としていることから、「ラーマクリシュナ謙求会」と表記することもあります。

タクール、聖ラーマクリシュナが大好きな方ならみんな、ラーマクリシュナ研究会の会員です。

ヴィヴェーカーナンダ1.jpg

スワミ・ヴィヴェーカーナンダ

(ナレンドラ・ナート・ダッタ)​

聖ラーマクリシュナ1.jpg

​聖ラーマクリシュナ​

holymother.jpg

​サーラダー・デーヴィー

​(ホーリーマザー)​​